日本の鞄老舗ブランド・HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)ヒストリー - 日本の鞄老舗ブランド・HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)ヒストリー

HERGOPOCH(エルゴポック)は、2005年にリリースされた革製品ブランドです。
運営しているのは1960年創立の株式会社キヨモト。
鞄のOEM(Original Equipmebtnt Manufacturing)メーカーとして、50年以上のキャリアを持つキヨモトが、それまで培ってきたノウハウを注ぎ込んで立ち上げたのがHERGOPOCHです。
そもそもOEMとは、企業からの依頼を受け、新たなブランドの立ち上げをサポートすることです。
企画から生産まで携わってきたからこそ、現代のライフスタイルにマッチしたアイテムを発表することができるのでしょう。

HERGOPOCHの生産は国内工場のみで行われています。
使われている革素材もほぼ国内製。
“made in Japan"にこだわってつくられている製品なので品質も高く、耐久性があるため長く使うことができます。

デザインもオリジナリティがあります。
現代的なセンスにおいて美しく作られているHERGOPOCHの革製品に注目したのが、家電メーカーのソニー。
2015年にソニーから発売されたタブレット『Xperia Z4 Tablet』の専用ケースとトートバッグはHERGOPOCHが手がけています。

同じく2015年には全国初のHERGOPOCHオンリーショップ「HERGOPOCH OSAKA by Brianza」がオープンしています。

「夢や想いを運ぶという点では車も鞄も一緒」。
HERGOPOCHは革製品ブランドとして珍しいことにSuper GT GT300クラス「BMW Sports Trophy Team Studie」のスポンサーでもあります。
そんな常識に捕らわれない自由な発想からこれからも新しい製品が発表されていくことでしょう。

top