日本の鞄老舗ブランド・HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)の革について - 日本の鞄老舗ブランド・HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)の革について

HERGOPOCH(エルゴポック)が使用している革は、ほぼ国内製です。
タンナーと試行錯誤し、HERGOPOCHオリジナル素材を作り出したものだとか。

06 Waxed Leather(06ワキシングレザー )
HERGOPOCHのアイテムでもっとも多く使われているのが、このWaxed Leatherを使用した06シリーズです。
「オイルよりも軽く、水にも強く、味わい深い革の質感」という特徴を持つWaxed Leather。
Waxed Leatherはベジタブルタンニンで鞣した後、ロウでコーティングします。
ロウでコーティングした革は表面が硬いので、ここから職人の手によって揉むことでしなやかに仕上げています。
また、表面のアンティーク加工も機械ではなく、職人の手によって施されています。

11 Prime Grain Leather(11プライムグレインレザー)
ナチュラルな質感を持つPrime Grain。
天然の大きめなシボを残し、柔らかに仕上げてあります。
しなやかな弾力のあるシボは細かいキズならば吸収して目立たせないという特徴があるため、日常的に使うアイテムに向いています。
使い込むほどにしなやかでツヤが増し、味わい深くなるエイジングを楽しめる革です。

Glazed Leather(グレイズレザー)
Glazedシリーズは持った時の軽さと鈍い光沢感が特徴的なシリーズです。
Glazed Leatherはベジタブルタンニンで鞣しと、クロム鞣しを施してあります。
ベジタブルタンニン鞣しならではのナチュラルな質感にクロム鞣しならではの質感が加わり、アンティークのような味わいがあります。
また、HERGOPOCHのこだわりがアイロンと呼ばれている工程にもあります。
革が傷まないよう低温低圧で複数回に分け、行うことで仕上げるという方法が採られています。

top